福岡や九州のアスリート&ジュニアアスリート必見‼︎

知っている選手はやっている‼︎

身体のメンテナンスの新常識を、、、

【私も勉強するまでは知りませんでした!】

痛い所や症状のある所に

①電気を当てたり

②温めたり、冷やしたり

③マッサージしたり

④伸ばしたり

⑤鍼を刺したり

どれを行なっても血流が良くなるので楽になり、あたかも改善したかの様に思います。

しかし、数日するとまた戻ってしまいます。
そんな、経験をされた方も多くいるのではないでしょうか?
これこそ、忘れらてた原因が、、、

※師匠のブログから引用しております!!

【スポーツ選手必見!!】

運動器とは骨・関節・筋肉・神経など身体を支えたり動かしたりする器官、組織のことで運動器に関する疾患については頚の痛み、肩こり、腰痛、骨折、捻挫、脱臼、変形性膝関節症状、スポーツ障害などがあり運動器疾患は、仕事や日常生活動作、スポーツ動作を困難にし日常生活の質を低下させる大きな要因の一つとなっている!一般的にスポーツ障害と呼ばれるものはスポーツにより過度の負担が繰り返し蓄積することによって慢性的な痛みや症状か続くもので、プロレス選手は頚部へ蓄積したり、ランナーは足腰に蓄積したり、筋トレでも首や肩や腰に蓄積したり、楽器を弾くなら首や肩や腕に蓄積する!


痛みや症状に合わせた対処療法を続けている限り、負担は蓄積し続けてしまいます!
先ず、痛みや症状を抑えることではなく原因の問題解決こそ、一部のアスリートしか知らない新常識となっています!!


◆アスリートのコンディション&パフォーマンスUP

◆お子さんのスポーツ障害

◆運動能力のUP

は福岡のやくいん整骨院まで

☎︎092-521-1277
#宮沢塾

#バックエイジングセラピー

#福岡のアスリート

#筋トレ

#トレーナー

#トレーニング

#スポーツ障害

#運動器疾患

#スポーツ新常識

#ジュニア

#運動能力